学び直したいなら通信制高校に通ってみよう

卒業するだけでほぼ高卒認定がもらえる高校

通信制高校というものをご存知でしょうか。こちらの高校はその言葉通り、通信により高校の教育課程を行うことです。高校を卒業するためには3年以上の在籍期間を満たしていなければならいないという学校教育法がありますが、この高校では卒業するとその資格を得られる仕組みとなっています。

通信制高校のシステム

ではその通信制高校について、どのような教育が行われているのか、どのような仕組みなのか見てみましょう。通信制では、レポートの提出・面接指導・テストなどを通じて単位を取得します。レポートの提出は、自宅で学習しその内容を学校が定めたレポートを提出することで指導を受けるという内容です。

スクーリングとレポート提出が基本

面接指導は、日頃の学習時にわからない点を学校登校時に面接という形で質問するなど、対面して指導をうけることを指します。多くの通信制では学年制ではなく単位制を採用しているため、最短で3年多い人では10年以上在籍するという人もいるようです。

通信制高校の学生たち

この通信制を選択する人はどのような人がいるのでしょうか。全日制などと違って、個人のペースで学習することが可能なため、すでに働いている人や以前通っていた高校を中退している人など、様々な人が通っています。そのため、多くの層の人が活用している制度といえるでしょう。最近は若いうちから仕事をする人(専門職など)もいるため、通信制を利用して高校の卒業証明を受けたいという方も多くいるということです。
このように、通信制高校とは様々な人が通う事のできる高校として多くの人が利用している制度になります。高校卒業をあきらめていた方や、通常の高校では通学が困難という方は、一度こちらの制度を利用して夢の高校卒業をしてみてはいかがでしょうか。”