体験談:通信制高校は費用を低く抑えられる

学び直しを決意したのは20代半ば

私は子供の頃に不勉強だったせいで、大人になってから恥をかく場面が多かったです。
その事に漠然とした不安を感じたのは20代の半ばでした。
だから限られた時間でも勉強できる学校へ入学したいという気持ちを、日に日に強く持ち始めたのです。
そして通っていた職場を辞めた時、通信制高校へ通う事を決意しました。

20代でもまた高校生になれるという不思議

そこからは新たな職を見つけるハローワークではなく、高校の情報収集をインターネットで始めたのです。
勉強に集中できる場所を見つける事が希望でした。
交流する事で人脈の幅を広げられるという事が、年代の幅のある場所では可能だからです。
しかしそれによって会話が楽しめても、勉強が疎かになっては意味がありません。
だから勉強環境が優れている場所を選択したいと考えました。

通信制高校の学費が安いのは勉強時間が限られているから

高校生の頃に勉強に特化しているのは、私立高校だと聞きました。
しかし私立高校は学費が高額である事で知られています。
だから学費についての心配はありましたが、その点は目をつぶる事にしました。
自分の希望を叶えるためには、お金が必要になる事は当然だからです。
そして目をつけたのが通う事になる通信制高校でした。
そこでは規律が厳しく定められているため、勉強に専念できると確信したからです。
そして驚いたのが学費の安さでした。
通信制高校は勉強時間が限られているため、通常の学校よりも遥かに安い費用だったのです。
このおかげで多くのお金が必要なくなったので、正社員ではなくパートアルバイトを選択する事ができました。
それによって勉強への体力も温存する事ができたので、学校生活のパフォーマンスも上昇します。
大人になってから通う事が多い場所なので心配事もありますが、確認する事で払拭される可能性があるでしょう。