京都・奈良近辺で通える通信制高校をご紹介

通信制高校についての基本的な説明

通信制高校の定義

古都の夜通信制高校とは、通信教育により学習することのできる高等学校です。日中は仕事をしているという人や、病気などで通学が困難という人でも、高等学校での教育を受けることができ、高卒の学歴を得ることができます。つまり、その後大学受験をしたり、高卒以上の学歴が必要な資格の取得を目指したりすることができるわけです。もちろん通信制高校 学費は決して安くはありませんが、高卒の資格を得られるということを考えると最良の方法と言えます。

2学期制を採用した学校が多い

全日制の高校では、一般的には1年を3つの学期に分けていますが、通信制高校では2つの学期に分けていることが多いです。そしてそれぞれの学期に合わせて新入生を募集しているので、基本的には年に2回入学する機会があるということになります。具体的には4月と10月ですが、中には学期にこだわらずいつでも入学可能というところもあります。また、それまで全日制の高校に通っていたという人が、学期途中から編入することも可能となっています。

単位制のためフレキシブルな受講が可能

また通信制高校では、全日制の高校のように学年制ではなく、大学のように単位制となっている場合が多いです。つまり、決められたカリキュラムに沿って学べば進級や卒業ができるというシステムではなく、必要な数の単位を取得することで、卒業することができるようになるのです。そのため、たとえば仕事などで忙しく、少ししか学習の時間をとることができないという人でも、マイペースでゆっくりと単位を取得していくことができます。期間にこだわることなく、個々の習熟度に合わせた学習をしていくことができる点が、大きな特徴となっているのです。
単位は、課題として出されたレポートを提出したり、面接や試験を受けたりすることで取得できます。レポートは郵送やインターネットでの提出が可能ですが、面接や試験は登校した上でおこなわれることが一般的です。
本ホームページでは京都や奈良のことで通うことができる通信制高校およびサポート校を特集しています。

新着ニュース